石垣島

 
石垣島は、東京から約2000キロも離れたところにある八重山諸島の中心となる島で、日本本土から遠く離れたパラダイス島です。石垣市は北緯24.3度に位置し、その緯度は驚くことにバハマとほぼ同じなのです。亜熱帯性気候に属する石垣島では、旅行者は一年中、その美しいビーチやそれを取り囲むさんご礁を楽しむことができます。石垣島の面積は約229平方キロメートルで、八重山諸島の中では、大自然が美しい西表島について2番目に大きい島です。石垣の人口は八重山郡の他の島と比べてはるかに多く約48000人になり、その大半は島の南部にある市街地に住んできます。市街地には大きな港、そして、その北東には空港があります。しかしこの空港は、2011年には現在、東海岸で建設中の新空港に取って替わられます。


豊年祭独特な文化

石垣島は日本の一部ではありますが、独特の文化やその生活様式は、日本本土のものとは異なります。ハーリーや豊年祭などの祭りは、春から夏にかけて行われ、三味線など伝統的な楽器は、今でも人気があります。島での生活は、東京や大阪のようなせわしげな大都市に比べると、かなりゆったりとしたものだと感じるでしょう。

この独特の雰囲気が、その文化や天候、自然美と共に、毎年多くの日本人旅行者を惹きつけるのでしょう。石垣島は、日本人に人気のあるホリデー先ですが、外国人旅行者にはまだ石垣を含む八重山諸島の存在はあまり知られていないようです。しかし外国人旅行者の数は、島の美しさが口コミで広がるにつれ年々増えています。


サンセットビーチビーチ愛好者のパラダイス

石垣の最大の魅力は、質の良いビーチとそれを取り囲むさんご礁でしょう。島には、フサキビーチや真栄里ビーチのように安全ネットで囲まれ訪れる人も多いビーチから、サンセットビーチのように比較的人が少なくのんびりと静かに楽しめるビーチまで様々あり、来る人の要望に答えてくれます。シュノーケルをしたい人には、海岸から数メートル先にさんご礁が拡がっている米原ビーチがお勧めです。
 
マンタとダイビング

石垣島はダイビングをするのにとても良い場所で、特にマンタを見るには世界の中でも最高のスポットの一つだと言われています。海水温度が、冬で約21度、夏で約29度と一年中暖かいため、島を取り囲むさんご礁を楽しみながら、いつでもシュノーケルダイビングが体験できます

八重山そばグルメ

石垣には、観光客を楽しませる島独特の食べ物が沢山あります。そのなかでも石垣牛は大変有名で、値段は非常に高いですがその肉質は最高級だと言われています。また八重山そばは、観光客に幅広く人気があり、その味と食感は本土で食べる蕎麦とは全く異なります。
泡盛は沖縄のお酒ですが八重山産のものも数多くあり、地元の人に深く愛されています。旅行中に一度は試したいものですが、そのアルコール度数は30度以上とかなり強いので注意が必要です
 
 

理想的な旅行先

石垣を含む八重山諸島は、日本在住の人に限らず、海外からの旅行者にも理想的な旅行先です。さんご礁を眺めながらシュノーケルを体験したり、美しいビーチで寝そべったり、自然を楽しみながらハイキングをしたり、地元の人と泡盛の杯をかわしたりと、いろんな経験ができます。日本本土からのフライト時間は平均約3時間で、石垣島や離島をゆっくり見て周りたい人は、2週間ぐらいの予定で計画を立てればよいでしょう。
 
石垣市
 
Richardishigaki-japan.com をご覧下さり、ありがとうございます。私はイギリス出身のリチャードで、現在、美しい石垣島で暮らしております。2008年末にケンブリッジから石垣島へ引越して以来、この亜熱帯気候のパラダイス島を世界中の人に紹介するために尽力をつくしてきました。このサイトを楽しんで頂ければとても嬉しく思いますが、もし何か質問等があれば、気軽にコンタクトしてきて下さい。最後に今まで私をサポートする暖かいメッセージを送って下さった皆様にお礼を申し上げたいと思います。おかげで私はモチベーションを更に上げることが出来ました。ありがとうございます。