バンナ公園

私がいつも不思議に感じることは、市内から北へ数キロほどしか離れていないこの美しい公園にどうしてもっと人が来ないのかということです。 自然愛好家にとってパラダイスであるこの場所には多くの種類の蝶々が生息しており、幸運にもカンムリワシやアカショウビンなどを見ることがあります。
バンナ公園は市街地から北へ数キロの所にある、広大で自然いっぱいの公園です。誰でも楽しめる場所なので特に家族連れにお勧めです。公園は頂上が200 メートルほどのバンナ岳にあり、4つの広場とスカイラインで構成されています。そしてそれらの全てが歩道や車道でつながれています。それぞれの広場の簡単 な説明は以下のようになります。

蝶森林散策広場

この公園のハイライトの一つは森林散策広場でしょう。花がメインのアトラクションとなっていますが、蝶の数の多さと種類の豊富さも魅力です。

標識には、この公園で見れる蝶の種類が表示されています。ちょっと遊びに来た人でもその短い滞在時間で、いろいろな種類の色鮮やかな蝶が見れるでしょう。

この広場には他の広場と同様、芝生でおおわれた場所がたくさんあり、それらは小道や木の橋、階段などでつながれています。この森林散策広場には、遠見台や子供が遊べるスペースがいくつもあるので、数時間を過ごすのには最適な場所です。

ふれあい子供広場

バンナ公園を家族向けの観光スポットにしているもう一つはの理由は、ふれあい子供広場にあります。この広場はいくつかのゾーンに分かれており、2本の BMXトラックがある広場やユニークな形のアスレチック、大きな滑り台、ブランコなどがある大きな広場があります。あなたが思わずそのアスレチックに挑戦 したくなったとしても決して不思議ではなく、きっと多くの大人が以前に試みてみたはずです。

この広場はバンナ公園の北西に位置しているので、石垣島の素晴らしい景色を見ることが出来ます。家族全員で楽しめる場所なので日射しを浴びながら、ピク ニックをするのも良いでしょう。飲み物は公園内にある自動販売機で購入できますが、食べ物は自分で用意して行かなければいけません。

自然観察広場自然観察広場

この広場はバンナ岳の中をくねくねと曲がる、いくつものハイキングコースや橋で構成されています。ここにある自然観察歩道は、スカイラインの頂上にある、エメラルドの海を見る展望台とつながっています。この広場は公園内で一番迷いやすいゾーンですが、広場内の至る所に英語と日本語両方の標識があります。

名前からもわかるように、この広場は野生動物を観察するのに最も適したゾーンで、歩いている途中、比較的身近な鳥からエキゾチックな鳥まで、いろいろな種類の鳥のさえずりが聞こえてきます。しかしバードウオッチングはこの広場だけに限らず、バンナ公園内のどこでも十分に楽しめます。石垣島で有名なカンムリワシを見かけることも特に珍しくなく、この大きい鳥を見るにはむしろ、広く開かれたスペースのある他の広場のほうが適しているかもしれません。

いこいの広場バンナ森といこいの広場

取って付けたような名前のこの広場は、他の広場と比べるとそれほど興味を惹かれるゾーンではないかもしれません。ここはバンナ岳の外に抜ける道がいくつもあり、多くの石碑が飾られています。市街地から208号線で来たときに最初に到着する広場です。

広場の入り口は標識が出ているのでとてもわかりやすいです。ここからスカイラインにある、エメラルドの海を見る展望台へアクセスできます。

 
 
バードウオッチングタワーバンナスカイライン

スカイラインは山の頂上とつながっており、そこには3つの展望台があります。卵の形をした、渡り鳥観察所からは石垣島や周辺の島の風景が360度見渡せます。

スカイラインは、北から南へ公園の頂上を越えて続いており、森林散策広場やバンナ森といこいの広場とつながっています。しかし道路工事のため、現在一部が閉鎖されています。自然観察広場から南の展望台までの道のりはとても美しく、特に体力に自信のある人でなくても快適に歩けます

公園内の移動

公園内の道はよく整備されていて他ゾーンへのアクセスも容易にできるので、自転車で公園内を周るのは良い方法です。ただし自転車では遊歩道を通り抜けることはできませんので、最初の広場までタクシーで行ってそこから山の反対側まで歩いて周るというのも一つのオプションです。

車で行く場合は、どの広場にも駐車場はあるので便利です。(スカイラインにある主な展望台の前でも駐車するスペースはあります。)

ハブへの注意

ハブに注意公園内には、ハブに注意と書かれた看板がいくつも掲げられています。この看板は人体に危険なハブがこのエリアで出没する恐れがあるため、訪問者に注意を促しています。

この蛇に噛まれてすぐに救急手当てを受けないと、致命傷になるということは事実ですが、実際に島でその蛇に噛まれたり、またそれを見たという話はあまり聞きません。もちろん、雑草などで足元がよく見えないような場所では最低限の注意が必要です。グループ内の誰かが、万が一その毒蛇に噛まれた場合に備えて緊急連絡先を控えておくことも賢明でしょう。

ロケーション

バンナ公園は市街地から北西へ数キロ離れたところにあります。標識に従うと87号線を通り、植物園がある北東の入り口に到着します。しかし市街地から来る場合、特に自転車で来る場合にはバンナ公園の東側を通る208号線を利用したほうが便利です。こちらからの方がスカイラインにある展望台へ簡単にアクセスできます。

石垣島バンナ公園で楽しめる、いくつかのゾーンとロケーションが下記の地図で示されています。

  • 青色: バンナスカイライン
  • 緑色: 自然観察広場
  • オレンジ色: 森林散策広場 
  • 赤色: バンナ森といこいの広場
  • 黄色: ふれあい子供広場


View バンナ公園 in a larger map