ダイビング

石垣島の気候は亜熱帯に属するので、八重山諸島周辺の海は一年中を通して温かいです。スキューバーダイビングはとても人気のあるアクティビティで、日本国内のみならず海外からもマンタを見るためにダイビングにやって来る人がいます。この壮大な生き物が最もよく見れる地点は、川平湾から少し離れたところにあり、マンタポイント(マンタスクランブル)と呼ばれています。春から秋にかけての時期には、プランクトンを食べに多くのマンタがこの地点に集まってきます。しかしマンタは、それ以外でも八重山諸島のいろいろな場所で見かけることができます。

サンゴ

石垣島の海は、サンゴや海の生物の種類がとても豊富です。広大な範囲に拡がるサンゴ礁は海岸からとても近いところにあることが多いので、実際はダイビングよりもシュノーケリングをするほうが好ましいこともあります。白保は石垣島の南西にある町で、世界でも有数の青いサンゴの大きな群落があることで知られています。

また石垣島では、ドロップオフポイントや洞窟でのダイビングを楽しむことが出来ます。石垣島はアジアの有名なダイビングポイントと比べても、ダイビングをするのに非常に適した場所だと言われています。

Manta rays hovering at Kabira's 'Manta Scramble'石垣島のマンタスクランブルは世界でも有名なダイビングスポット(写真はダイビングスクール海講座の提供).

離島

ダイビングは石垣島だけに限られず、八重山諸島の中には他にも優れたダイビングスポットがいくつかあります。竹富島や黒島のような小さな島の浅瀬にも、まだ傷ついていないサンゴの大きな群落があります。もっと冒険したいダイバーは、深い地点でダイビングができる西表島へ行くのが良いでしょう。そこではより大きな海の生物に出会える可能性があります。与那国もその海の深さと激しいドロップオフがあることで有名で、ジンベイザメを見たという報告もあります。毎年冬の季節になると、ハンマーヘッド鮫が集まってくる時期もあり見逃せません。

毎年、何十万人もの旅行者が日本各地から石垣島に集まってきます。そしてその多くの人が体験ダイビングに参加します。ダイビングは既に巨大なビジネスになっており、数多くのダイビングオペレーターやインストラクターが競い合っています。

料金

日本でダイビングを体験するのは決して安くはありません。そういう意味では石垣島も例外ではないですが、数多くのオペレーターが存在するため価格競争が起こり、いかに安く良いサービスを提供するかが常に競われています。石垣島にはダイビングショップが多くあるので、もし器材をここで揃えたいなら購入する場所はたくさんあります。もしシュノーケリングセットだけを買うのであれば、大きな釣具店も見てみたほうが良いでしょう。よく手頃な価格で売られています。

ビデオ
もし、画像が何千もの言語を語るとすれば、Edoダイブで制作されたこの美しいビデオは、その何倍をも私達に語りかけてきます。高速インターネット接続をお使いの方は、高画像にするためにHDをクリックしてください。