シュノーケリング

石垣島は八重山諸島の他の島と同じく、美しいサンゴ礁に囲まれており、その多くは海岸から数メートルのところにあります。そのためスキューバーダイビングをしなくてもシュノーケリングでも十分に楽しむことができます。シュノーケルが体験できるツアーは多数ありますし、自分でセットを購入して米原ビーチなどでトライすることも出来ます。

シュノーケルが大好き!海の生き物

石垣島を取り囲むサンゴ礁にはたくさんの生き物が生息しており、夏の間はより多くの種類を目にすることができます。また熱帯魚を見たい人には特に米原ビーチがお勧めです。

日本食レストランで刺身や寿司などによく使われる魚、イラブチャーは一年中見ることが出来ます。また縄張り意識がとても強い魚、クマノミは島中のほとんどのサンゴ区域で見ることができます。

ふぐは比較的よく見かける魚で、ちょっかいを出すと針を出して大きく膨らみます。海へびはほとんど見かけませんが、うつぼのようなユニークな生き物はよく見かけます。色がとても美しいミノカサゴは時々出没しますが、背びれと胸びれに毒があるので注意が必要です。そしてもしラッキーだったら、海がめの姿を見ることができるでしょう。

マンタ

マンタは浅瀬に集まってくることが多いので、スキューバーダイビングをしなくても見ることは出来ます。しかしマンタポイントがある川平では、船の出入りが激しく遊泳が禁止されているため、個人でそのスポットまで泳いで行くことは出来ません。

船でまずその地点まで行き、そこでシュノーケルを体験させてくれるツアーに参加することをお勧めします。

石垣に鮫はいますか?これは、私がシュノーケルセットを買った地元のダイビングショップで最初にした質問です。真相は八重山地域に生息する鮫はいるが、それを見るチャンスはとても低いということです。

実際に私はシュノーケリング中に鮫を見たという人に一度も会ったことがありません。でももし鮫を確実に避けたいのなら、大きい鮫はサンゴ礁辺りの浅瀬には通常入ってこないので、その区域から出ないことでしょう。

逆に鮫を見てみたいと思う人は与那国島までフェリーで行き、より深い地点でスキューバーダイビングをすることをお勧めします。

シュノーケル一式

米原ビーチ 石垣シュノーケルをすることの美点の一つは、最低限の一式を6000円ほどで揃えることができるというその割安さにあります。ダイビングショップだけではなく大きな釣り具店でも、シュノーケルの一式がとても手頃な値段で売られています。その一式は次のようなものからなります。

  • マスク 快適にフィットして、なおかつ隙間が出来ないかどうかチェックすることが重要です
  • シュノーケル マウスピースの近くにあるバルブが一方方向になっているものを選んだ方が良いでしょう。このバルブだとシュノーケルに入った水を簡単に出すことが出来るので、水がいっぱいになるたびに、それを出したりする手間が省けます。シュノーケルとマスクのセットは大体3000円ぐらいからになります。
  • フィン フィンはシュノーケリングをする時にとても重要な役割を果たします。フィンを付けないと泳ぎが遅くなりすぐに疲れたり、波でコントロールを失ってしまいやすくなります。もし、スキューバーダイビングをするつもりがないのなら、フィンの後ろがストラップタイプのものではなくて、足にぴったりと装着するタイプのものを選んだほうが良いでしょう。ストラップがあるタイプのものは、まずダイブブーツをはいてから装着しなければなりません。

その他

  • 霞取りスプレー これは使う価値があり、つばをかけるよりよっぽど効果的です。マスクの内側に適度に液をつけ海でさっと洗い流します。値段は約800円です。
  • ラッシュガード/ダイブスキン これを着用することで紫外線から身を守ることができます。また石垣島の海なら、ほぼ一年中、これ一枚で十分温かいです。Tシャツ一枚でも十分だという人もいます。ダイブスキンは大体5000円くらいからになります。
  • 水着 ラッシュガードを着用すれば、ほぼ一年中、これだけで大丈夫です。
  • 半袖のウエットスーツ 石垣島で寒い時期にシュノーケルをする人、水が冷たくなる深い地点でシュノーケルをする人には有効です。冬場は長袖のウエットスーツが必要な人もいるでしょう。
  • ウオータープルーフタイプの日焼け止め 石垣島の紫外線は非常に強いので、海に入る前には必ずつけ、その後も頻繁に塗り直しましょう。
  • タオル よく忘れてしまいがちなアイテムです。

安全性

このサイトで既に何度か安全性について述べましたが、能力に合わないシュノーケリングの危険性は、強調してもしすぎることはないでしょう。石垣の海は美しく一見安全に思えますが、地域によっては強い波があり沖へ流されてしまう危険性が伴います。残念なことに水泳やシュノーケリングをしている最中に命を落としてしまう人が後を絶ちません。

ビーチにある標識(米原ビーチにある潮の流れを示すものなど)はよく見ておきましょう。しかし標識がないからと言って安全だとは限りませんので、個人で責任を持って注意しましょう。

もし、強い波に飲まれて沖に流されてしまいそうになったら、それに向かって泳ぐのは避けたほうがよいでしょう。海岸で押し返される波は幅が狭いことが多いので、砂浜に平行して泳ぐとそこから逃れられることが多いです。落ち着いて砂浜に平行して泳いでいれば、そのうち波もおさまり無事に砂浜に戻ることが出来るはずです。

ハブクラゲ

石垣島にはハブ蛇だけではなく、ハブクラゲもいます。蛇は危険な生き物だとよく知られていますが、実際はクラゲもとても危険です。ハブクラゲは半透明で見分けがつきにくく、刺されると激痛が走り患部が腫れます。稀なケースですが、刺された時に呼吸困難や循環器機能停止などを起こす場合もあり、沖縄ではこのクラゲに刺されて亡くなった人もいます。

ハブに刺された場合、患部を絶対に擦らずすぐに海から出てください。まず、酢をたっぷりと患部にかけ、軍手などを使って触手をそっと取り除きます。そしてビニール袋に入れた氷水などで冷やしましょう。直ちに病院で診てもらいましょう。

ビデオ

透き通る海、そしてそこに入り込む適度な光は、石垣島の海中で写真やビデオを撮る最大の美点です。私は、その中でも特に地元のダイビングショップ、サンテンが制作したこのビデオがお気に入りです。このビデオはディフォルトがHDです。もしロードするときに長く時間がかかるようなら、画質を下げる必要があります。画面下にあるHDをクリックしてください。