オリオンビアフェスト

石垣では一年に何度か音楽祭が行われますが、スポンサーの協力のおかげでこのお祭りが一番大きなイベントとなっています。入場料は無料でビールも安いし、音楽は最高です。 私の唯一の不満は石垣で行われるほとんどのお祭りと同じように、終わる時間が9時と早すぎることです。私はその時ちょうど楽しみ始めたばかりでした。
オリオンビール祭りは、石垣市の中心にある新栄公園で行われます。毎年、数千人の人が、真夏の暑い中、友人とともにビール片手にライブ音楽を楽しむためにやってきます。入場料は無料で、年齢制限はありません。
 
2010年オリオンビアフェスト
 
2010年オリオンビアフェスト石垣島は7月11日(日)に新栄公園で催行されます。15時30分に開場。地元パフォーマンスに続き、ライブステージが18時頃スタートします。最後に花火が打ちあがり、20時50分に終了。
ロケーションはここをクリック。

外人のパフォーマンスライブパフォーマンス

お祭りは、正式には3時半から始まりますが、ほとんどの人は、メインの催し物に間に合うぐらいに、それよりは数時間遅れてやってきます。

祭りは、伝統的な沖縄の踊りから、外国人がキーボードをたたきながら、有名なロックンローラーをまねるなど、いろいろなパフォーマンスで構成されています。そして、最後の方に、プロのライブバンドやソロの歌手など、その日のメインの催し物が続きます。

新栄公園は、このようなイベントをする十分な広さがありますので、ほとんどの人は、芝生に座ってビールが飲めるぐらいの適当な場所を見つけることができます。でも、もし舞台のすぐ側で楽しみたいのなら、5時前には到着し、ビーチタオルなどを敷いて、場所を確保していた方が良いでしょう。

 
 

伝統的な踊りビール

万が一、このお祭りの名前でピンと来ない人のために、ビールが、ミュージックと同様、このお祭りのメインです。今年、主催者は、アルコールの持ち込みを防ぐためにゲート付近で、かばんの中をチェックしていました。(オリオンビールだけは、持ち込みも大丈夫だったようですが。)

どちらにしても、会場では、オリオンビールやアサヒビールが300円という手頃な値段で売られています。それに、たくさんの売店が、公園内に出店していますので、いろいろな食べ物もそこで買うことができます。
 
 
プロのシンガービールの値段が比較的安いこともあり、飲みすぎてしまう傾向はありますが、オリオンビール祭りは、あくまでも、家族向けで、誰もが楽しめるお祭りです。とても穏やかな雰囲気の会場で、激しいロックミュージックのときでさえも、暑いからなのか、立ち上がって踊る人は少なく、座ったまま見ている人がほとんどでした。

そうは言いましたが、決して、このお祭りが退屈だということではありません。ほとんどのパフォーマンスは、とても質が高く、お祭りは、友人と共にライブ音楽が楽しめる、最高の場所です。

 
 
 
プロのグループ

キャンペーンガールスポンサー

沖縄で製造され、地元で人気のあるオリオンビールが、このイベントのスポンサーであり、その影響力も大きいと知っても、きっと驚かないでしょう。

 ライブ音楽が終わると、公式キャンペーンガールや石垣市の役人の人が、いかにオリオンビールが素晴らしいかとの長い演説を行います。私は、市長がオリオンビールの売上高は、現在、日本の総計の8パーセントだと自信を持って公言したとき、思わず笑みをこぼしてしまいました。

沖縄のオリオンビールのテーマソングは、このイベントの間、何度も流れていますが、とても楽しくて覚えやすい曲で、地元の人の間でも大変人気があります。
 

 
 
 
 
オリオンビール祭り 石垣島
スケジュール
 
祭りは、正式に午後の3時半から夜の9時まで行われ、最後にフィナーレとして花火が打ち上げられます。

新栄公園は、飲み屋街、美崎町のすぐ裏にありますので、9時で夜を終える理由はありません。実際に、地元の人の多くは祭りが終わると、市内のバーや居酒屋へ移動し、朝方まで盛り上がります。

新栄公園のロケーション