石垣島へのフライト

国内線のみが運行される石垣空港は、市街地の北東にある真栄里地区にあり、市内へのアクセスがとても便利です。石垣島へは国際線の直行便はありませんが、沖縄の首都の那覇や日本の主要な都市と密に結ばれています。

石垣島行きの主要な航空会社は2社で、ANAとJTA(JALのグループ会社)です。それに加えて沖縄県内の間を小型機で運行している琉球エアーがあります。

割引航空券

日本の国内線運賃は、ヨーロッパやアメリカなどの競争力が高いマーケットで買える、割安な運賃と比べると少し高いですが、以下のような割引運賃があります。

  • 早期購入割引チケット これはどの国の在住者でも購入できるチケットです。下記のエアパスに比べると割高になりますが、1ヶ月前までに購入すれば大体50パーセントの割引があります。
  • oneworld® Visit Japan oneworld's Visit Japan (Yokoso)は、国外からの旅行者のみが購入できる、非常に割安なエアパスで、石垣を含む日本の40都市の間で利用できます。フライト料金は、行き先にかかわらず一定に固定されており、東京から石垣までなら、通常の運賃の20パーセントほどになり大変割安になります。このパスは日本以外で在住の人に限られており、日本行きの往復チケットをoneworldグループに加入している航空会社で購入した場合のみ、購入することが出来ます。国内線はJALかJTAの運行になります。詳細は次のサイトでご確認ください。
  • Welcome to Japan このパスはoneworld's Visit Japanより30パーセントほど割高になりますが、それでもとてもリーズナブルな料金に設定されています。利用者は、同じく日本以外の国で在住している人のみになりますが、oneworldグループに加入していない航空会社で日本行きの往復チケットを購入していても利用できます。国内線はJALかJTAの運行になります。

新しい空港

現在の滑走路の長さでは、限られたサイズの航空機だけがこの空港を利用することができます。この問題を解消するために、新しい空港が現在、市街地から少し離れた東海岸沿いに建設されています。この新空港は2011年までに完成する予定で、これにより真栄里地区の騒音が減り、石垣島へより多くの観光者が訪れることが期待されています。

この新しい空港の必要性は疑いの余地もありませんが、現在の空港の利便さを惜しむ人も少なくないでしょう。また、真栄里地区の頭上をボーイング737が間近に飛んでゆき、滑走路に降り立つ姿は景観です。マックスバリュー前の交差点を渡った辺りが、飛行航路のちょうど真下に当たるので、この光景を目にするのには一番良いスポットでしょう。

飛行中に見える景色

石垣島行きのフライトで、天気が良い日に右側の窓側に座ると、飛行機が到着するにつれ、島々の美しい景色とその周りを囲むサンゴが見れます。

空港のロケーション


View JPractical in a larger map